カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

店長HIRASHIMA

名古屋のこだわり焙煎士の日記です。

店長日記はこちら

モバイル

売れ筋商品

Feed

  • RSS
  • ATOM

メキシコ サン・アントニオ アナエロビック ナチュラル

Mexico SanAntonio Anaerobic

【生産国】 メキシコ合衆国
【地 域】 チアパス州 タパチュラ
【農 園】 San Antonio サン・アントニオ農園
【生産者】 Edward Teddy Esteve
【プロセス】 アナエロビック
【品 種】 Mixture of Hybrid Varieties (H 15 +H 16 +H 18)
【標 高】 900〜1,250 m
【内容量】 100g

本農園は、 常勤の従業員は100 名、収穫期 に は 450名が働いています 。
栽培品種は、すべてハイブリッド系品種です 。将来のコーヒー生産にはたくさんの課題があります。その中の対策の一つとして品種 へフォーカスしています 。 世界中のコーヒー生産国から得られる情報量を生かしながら、様々な検証を続けています 。
当ロットは嫌気醗酵(Anaerobic Fermentation)により生産処理されたロットです 。 通常のナチュラルプロセスでは醗酵中にコーヒーチェリーが酸素と触れているのに対し 、 Anaerobic Fermentation では無酸素状態にて醗酵工程がとられています。
収穫された完熟チェリーは、 果肉をつけたまま嫌気醗酵専用のタンクに入れられます 。 この際 、水やコーヒーの果汁等がタンクに入れられる場合がございますが 、 本農園ではコーヒーチェリーのみがタンクに入れられます 。その後タンクのバルブを閉じて酸素を排出し、タンク内に酸素が全くない状態が作られます 。
無酸素状態のまま 、 11 度〜24 度の間に温度を保った状態で 72 時間嫌気醗酵工程をとります 。酸素が無いことでイースト菌やバクテリアの活性が抑えられるため、長時間醗酵工程をとることができています 。 また、温度を管理することによって 、 好ましくない酢酸の発生や過度な醗酵臭の発生を抑制しています 。
嫌気醗酵を終えたコーヒーチェリーはタンクから取り出され 、一次乾燥としてアフリカンベッドにて 4 日間乾燥工程をとります。この際、温度は醗酵工程と同じく 11 度〜24 度
の間に保たれます 。
その後、最終乾燥として機械式ドライヤーで35 度〜40度の間で 48 時間乾燥させます 。


【カッピングコメント】 フルーティ(パッションフルーツ、マンゴー)スイート、レッドワイン、ボディ

型番 COS439
販売価格 800円(税込)
購入数
 100gパック200gパック500gパック
豆のまま
粗挽き(プレス)
中挽き(ペーパー)
細挽き(水出し)
  • オプションの値段詳細
  • 特定商取引法に基づく表記
  • この商品を友達に教える
  • この商品について問い合わせる
  • 買い物を続ける