カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

店長HIRASHIMA

名古屋のこだわり焙煎士の日記です。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

  • RSS
  • ATOM

メキシコ フィンカ・グアダルーペ・ザフ H1 ナチュラル アナエロビック

MEXICO COFFEE Santuario Project
Finca Guadalupe Zaju


【生産国】 メキシコ
【生産者】 エドゥアルド・エステベ
【地 域】チアパス県パヴェンクル
【品 種】 H1種
【標 高】 1550m
【精製方法】ナチュラル
アナエロビック【内容量】 100g
【カッピングコメント】 フローラル、レッドワイン、アプリコット、シナモン、ネーブルオレンジ、シュガーケイン、シナモン、シロッピーマウスフィール、コンプレックス



【サンチュアリオ プロジェクト】
付加価値の高い高品質なコーヒー生産を通じて、伝統のある農園の復興に動いたエドゥアルド・エステベ氏。コーヒー生産の経験がなかった彼は、その生産ノウハウを学ぶべく招いた専門家チームが、当時コロンビア国内に留まらず、ブラジルやコスタリカで高付加価値なコーヒー生産をおこなっていたコロンビア サンチュアリオ農園のカミーロ氏でした。彼は2010年から世界中の素晴らしいコーヒーをマーケットに供給したいとメンバーとプロジェクトを始め、コロンビアのインマクラーダを始め、ブラジルのイルマス・ペレイラ農園のNew Flavors Projectなどのアドバイザーを務めていました。そして、2017年に本格的にSantuario Projectを発足。グアダルーペ・ザフ農園などメキシコのコーヒーにも注力し、コロンビア、ブラジル、コスタリカ、メキシコの4か国でパートナーたちとユニークで最高のコーヒーを作ろうと動きました。
グアダルーペ・ザフ農園やチャンフル農園の位置するグアテマラとの国境パヴェンクルにほど近い森林地域は、古くよりコーヒー生産の名産地として知られ、19世紀末ごろから本格的にコーヒー生産が開始され、中でもソコヌスコ地域はメキシコの農産業を支える名産地として知られるようになりました。
一方で人里離れたこの地域・農園は、政府を中心とした農業支援が必須なエリアでもあり、特に1980年後半〜90年初め、2000年代初頭の相場の暴落はこの地域に暮らす小規模生産農家に大きな打撃を与え、持続可能な農産業の育成や労働・生活環境の向上が大きなテーマになってきました。
1945年からドイツ出身のハンスさんと彼の妻であるグアダルーペさんによって営まれてきた農園で、その名は妻グアダルーペと近隣を流れる小川であるザフ川からグアダプーペ・ザフ農園と名付けられ、彼らが引退すると息子のフアン・ルーチェ氏が農園を継いでいました。しかし、2000年初頭のコーヒー相場の下落によって2003年に経営が困難となりエドゥアルド氏が新たなオーナーとなり農園を存続させる事となりました。フアン氏自身は、その後も農園の責任者として今なお農園の管理に従事し、エドゥアルド氏と二人三脚で農園の再興に情熱を注いでいます。
エドゥアルド氏が目指すのは、真の持続可能な農園づくりだと言います。それは、品質や収穫量による収益の向上だけでなく、この地の豊かな自然環境を守る事であり、周辺に暮らす人々、そのコミュニティの生活基盤を整える事を指しています。土地に暮らす人々にとって、ここは故郷であり、伝統と文化が息づく土地だと言う事。コーヒー生産もそうした暮らしの一部だと言う事を忘れずに、持続可能な農園の実現に情熱を傾けます。
型番 COS341
 100gパック200gパック500gパック
豆のまま
粗挽き(プレス)
中挽き(ペーパー)
細挽き(水出し)
  • Soldout

  • オプションの値段詳細
  • 特定商取引法に基づく表記
  • この商品を友達に教える
  • この商品について問い合わせる
  • 買い物を続ける