カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

店長HIRASHIMA

名古屋のこだわり焙煎士の日記です。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

  • RSS
  • ATOM

グアテマラ ラ・ボルサ農園

GuatemalaLa Bolsa

【生産国】 グアテマラ
【地 域】 Huehuetenango La Libertad地区
【農 園】 ラ・ボルサ
【生産者】 Ovalle 夫人
【プロセス】 フリーウォッシュド
【品 種】 ブルボン種30%、カツーラ30%、カツアイ30%、ムンドノーボ10%
【標 高】 1,370m〜1,500m
【内容量】 100g

《農園の歴史》
1860年代にスペイン北部出身の名門貴族であるアギレ家によりウエウエテナンゴで
最初に開墾された農園です。その後世代が代わり当初の農園は3分割されラ・ボルサ農園
インフェルト鞠星燹▲ぅ鵐侫Д襯鉢暁星爐箸覆辰童什澆謀たります。現在の農園主マリア・エレナ・アレギ・オバジェ夫人が3代目に当たります。実際の農園管理は夫人の息子
であるロナルド・オバジェ氏が同氏所有のポンデロッサ農園とともに年間を通して行っています。開墾以来オバジェ家は農園経営・管理の伝統を守りながら、最高の栽培条件を受け最高級のコーヒーを産出しています。

《農園概況》
農園内には潤沢な清流を放出する源泉があり、その清流の近くにWet-Millが作られています。Wet-Mill周辺は勾配が急なことからわざわざWet-Millと乾燥場(パティオ)までの
約200mを水路でつなぎ、水洗処理されたパーチメントをこの水路の清流で洗い流してから天日乾燥しています。農園の乾燥場の面積(100mX50m)は、ウエウエテナンゴ地区では最も広い部類であり、最高の状態で天日乾燥を行う事が出来ます。雨季でも全く濁らない清流を十分に使用できるのも特徴的です。

【カッピングコメント】 ミルクチョコレート、グリーンアップル
型番 COS017
定価 550円(税込)
 100gパック200gパック500gパック
豆のまま
粗挽き(プレス)
中挽き(ペーパー)
細挽き(水出し)
  • Soldout

  • オプションの値段詳細
  • 特定商取引法に基づく表記
  • この商品を友達に教える
  • この商品について問い合わせる
  • 買い物を続ける